メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京パラリンピック

ボッチャ強化へ「医科学合宿」 リハビリセンターで選手らビデオ撮影も 所沢 /埼玉

目の動きと投球について、選手のデータを取るスタッフ(右端)ら=所沢市の国立障害者リハビリテーションセンターで

 脳性まひや四肢に重度の障害がある人のために考案された競技「ボッチャ」の日本代表強化指定選手の「医科学合宿」が23日、所沢市の国立障害者リハビリテーションセンターで始まり、報道陣に公開された。

 ボッチャは白い目標球に向かって赤と青のボールを投げ合い、目標球との距離の近さを競う競技。手の動きに限りがある人も傾斜がある台からボールを転がしてプレーできる。

 医科学合宿は2020年の東京パラリンピックに向け、効果的なトレーニング方法を探るため企画された。手…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林逃走 民家宿泊で盗み続け 大量の衣服や調味料
  2. ORICON NEWS 今井絵理子議員、橋本健氏との交際を報告 批判は「覚悟」 “略奪”など週刊誌報道を否定
  3. ムーミンのテーマパーク 埼玉に完成 北欧の暮らし体験
  4. 富田林逃走 自転車に看板偽装「日本一周」「出会い旅」
  5. 富田林逃走 「ただ今、自転車で日本一周中」素顔で写真

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです