メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外浅利慶太さん死去 劇団四季創立 戦後日本の演劇革新
20年東京パラリンピック

ボッチャ強化へ「医科学合宿」 リハビリセンターで選手らビデオ撮影も 所沢 /埼玉

目の動きと投球について、選手のデータを取るスタッフ(右端)ら=所沢市の国立障害者リハビリテーションセンターで

 脳性まひや四肢に重度の障害がある人のために考案された競技「ボッチャ」の日本代表強化指定選手の「医科学合宿」が23日、所沢市の国立障害者リハビリテーションセンターで始まり、報道陣に公開された。

 ボッチャは白い目標球に向かって赤と青のボールを投げ合い、目標球との距離の近さを競う競技。手の動きに限りがある人も傾斜がある台からボールを転がしてプレーできる。

 医科学合宿は2020年の東京パラリンピックに向け、効果的なトレーニング方法を探るため企画された。手…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文547文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  3. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  4. レゴランド 1日パスポート、東海在住者は35%引き
  5. セブン-イレブン 100円ビール発売中止

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]