メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

子供の障害、理解を 母親らバッジ作り 群馬・愛知、普及目指す

「ハートバッチの会」が作る缶バッジ

 発達障害や知的障害は見ただけでは分かりにくいため、周囲に理解してもらえずに悩む人は少なくない。子どもに障害があることをひと目で分かってもらえるようにと、群馬県と愛知県の母親たちがそれぞれ、感謝のメッセージをつけたバッジを手作りし、社会的な認知を広めようと普及に取り組んでいる。利用者からは「温かく見守ってもらえるようになった」「親も子も安心して外出できるようになり、笑顔も増えた」と好評だ。

 群馬県桐生市の主婦、有家(ありけ)久美さん(38)は、長男(11)が1歳の時に脳症を発症し、知的障…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  3. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです