メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

全国初、子ども用白杖 軽量・伸縮自在、買い替え不要に

点字ブロックの上で子ども専用白杖の使い心地を確認する県松本盲学校の平林太一さん=長野市の県庁で10日

 長野県小諸市のスキー用ストックなどの製造販売会社「キザキ」が、子どもの視覚障害者専用の「白杖(はくじょう)」を開発した。これまでは、大人用の白杖を切って使うしかなく、重かったり、成長とともに買い替える必要があったりと、本人や家族の負担が大きかった。子ども専用の白杖は全国初とみられ、木崎秀臣社長は「使いやすい白杖なら安全性も高まるし、行動範囲も広がるのでは」と期待している。

 開発のきっかけは約3年前、木崎社長が「子ども用の白杖がない」と聞いたことだった。「スキーのストック…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです