メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
新国立競技場

球技専用に 東京五輪、後利用で最終調整

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の後利用について、政府が球技専用とすることで最終調整に入った。スポーツ庁は26日、副文部科学相の下に設置したワーキングチーム(WT)を約10カ月ぶりに再開し、日本陸上競技連盟と協議する。

 陸上競技の国際大会や国内の主要大会を開催するにはサブトラックが必要となる。東京大会では神宮外苑の軟式野球場にサブトラックを仮設するが、大会後は取り壊される。関係者によれば、大会後も同様の施設を確保する見通しが立たなくなった。常設化が困難と…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです