メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場

後利用、収益性を重視 「球技専用」へ日本陸連も了承

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の後利用について検討するスポーツ庁のワーキングチーム(WT、座長=水落敏栄副文部科学相)の会合が26日に開かれ、大会後はサッカーなどの球技専用とする方向でまとまった。収益性重視の「稼げる競技場」を模索する。

 WTの会合は昨年9月以来、10カ月ぶり。陸上競技の国際大会などを開催するにはサブトラックが必要で、五輪では明治神宮外苑の軟式野球場に仮設する。大会後に取り壊すサブトラックを常設できるか否かが、新国立競技場に陸上トラッ…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです