メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’17夏

東京五輪まで3年/4 多様性 LGBT交流の場を 公認「ハウス」設置へ脱サラ

 2020年東京五輪・パラリンピックで性的少数者(LGBTなど)の交流や情報発信をする「プライドハウス」を大会公認の施設として設置するために、脱サラした男性がいる。LGBTを支援する認定NPOの松中権(ごん)代表(41)。16年間勤務した広告大手の電通を今春退社し、「LGBTのことをもっと多くの人に知ってもらいたい」と五輪に向けた活動一本に絞って実現を目指している。

 昨夏、仕事で訪れたリオデジャネイロ五輪中に届いたニュースが松中さんを奮い立たせた。母校・一橋大の学…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1003文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]