メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲葉ジャパンへの伝言

東京五輪へ向けて/上 最大の強み生かせ 多彩な投手陣、使用球に対応

今年3月のWBC準決勝の米国戦、マウンドで選手に声を掛ける権藤コーチ(左端)。 左から2人目は千賀=久保玲撮影

 2020年東京五輪に向けた野球日本代表「侍ジャパン」の新監督に、稲葉篤紀氏(44)が就任した。五輪本番まであと3年、稲葉ジャパンは目標の金メダルを獲得するために何をすべきか。過去の五輪や国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を経験した関係者の教訓から、頂点への道筋を探る。

 菅野(巨人)が力強い速球で高低を揺さぶれば、千賀(ソフトバンク)はフォークで面白いように空振りを奪う。今年3月、米国と戦ったWBCの準決勝。日本は敗れはしたが、米大リーグのスターぞろいの打線を2点に抑えた。日本の最大の強みは投手力であることは間違いない。

 WBCで投手コーチを務めた権藤博氏(78)は選手選考の際、「フォークのような落ちる変化球を投げられ…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1133文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 現代に蘇れば成功間違いなし! 復活が待ち望まれる国産名車5選
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. 加計問題 内閣府の文科省伝達メールに「柳瀬氏とも面会」
  4. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂
  5. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]