メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲葉ジャパンへの伝言

東京五輪へ向けて/中 攻撃、細かく緻密に

 敗戦の弁が国際大会の難しさを物語っていた。今年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝の米国戦。打線が相手先発のタナー・ロアーク(ナショナルズ)の鋭く変化するツーシームに手を焼き、4回2安打で無得点と抑えられ、小久保監督(当時)は「あれだけの選手たちが芯でとらえることができない。どこで訓練をするのか」と白旗を揚げた。中軸の中田(日本ハム)も「日本であそこまで動く球を投げる投手はいない」と驚くなど国際大会の特殊な舞台で、初対戦の相手投手を攻略するのは簡単ではない。

 2004年アテネ五輪、06年第1回WBCに出場した元中日の和田一浩氏(45)は言う。「基本的に日本…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文883文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]