メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「鉄人」衣笠祥雄さん死去 広島で活躍 71歳
鍛錬の夏

平昌五輪まで半年/3 モーグル いち早く雪上へ

6月の山形・月山合宿で雪上練習に励むモーグルの堀島行真=佐々木順一撮影

 夏の日差しが雪の白さに強く反射する中、モーグルのナショナルチームの選手たちが次々とジャンプを繰り返した。3月の世界選手権で男子2冠に輝いた堀島行真(中京大)は「課題の着地を磨くことができた。雪の上でできたのはよかった」。ゲレンデには不似合いな長袖のTシャツ姿で汗を拭った。

 モーグルのナショナルチームは2014年ソチ五輪の後、春から夏の国内合宿はジャンプ台からプールに飛び込む「ウオータージャンプ」でエア(空中技)の基礎を固め、9月下旬からスイスで雪上練習に入るのが通例だった。だが、平昌五輪を控えた今季は雪上練習にこだわり、6、7月に一度ずつ、まだ雪が残る山形・月山(がっさん)で合宿を張った。

 この3年間で基礎を固め、堀島が世界を制するなど結果もついてきた。ただ「ウオーターでは着地の感覚が得…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文808文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. セクハラ疑惑 財務次官の辞任承認 退職金の支払いは保留
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ/空き家1000軒/果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]