メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鍛錬の夏

平昌五輪まで半年/5止 ノルディック複合 湖上で感覚磨く

湖に浮かべたボードの上で着地の「テレマーク姿勢」を決める渡部暁斗(左)。右は永井秀昭=長野県大町市で2017年6月30日、江連能弘撮影

 長野県白馬村の白馬ジャンプ競技場で6月末、午前中にジャンプ練習をしたノルディックスキー複合の全日本チームは午後、隣の同県大町市の青木湖に向かった。サーフボードを湖に浮かべ、その上にバランスよく立った選手は、手にしたパドルをこぎながら約2時間かけて湖を一周した。時にはボード上から後方宙返りをして湖に飛び込むなど、バランス感覚を見せた。

 1992年アルベールビル、94年リレハンメル両五輪の団体金メダルの河野孝典ヘッドコーチは「練習強度…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文810文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです