メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

受動喫煙対策 「20年は分煙」五輪相発言を非難 禁煙学会「IOC裏切る」

 2020年東京五輪・パラリンピックの受動喫煙対策を原則禁煙ではなく分煙とする見解を示した鈴木俊一五輪担当相に対し、一般社団法人「日本禁煙学会」が10日、早急な撤回を求める緊急抗議声明を出した。「IOC(国際オリンピック委員会)、WHO(世界保健機関)に対する大変な裏切り行為」と非難している。

 IOCとWHOは「たばこのない五輪」を…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文389文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]