メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

五輪工事、過酷な残業 人材不足、工期あと2年

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の建設を巡り、現場監督の男性(23)が月200時間近い残業の末、自殺した。人材不足の中で今後、五輪関連施設の建設ラッシュを迎える現場からは「労働環境を改善すべきだということはわかっているが、できる状況にない」との声が漏れる。政府が進める働き方改革では建設業を残業時間規制の例外にしており、その是非が問われる。

この記事は有料記事です。

残り2125文字(全文2318文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  3. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 埼玉・高齢夫婦殺傷 中3の孫逮捕 殺人未遂容疑で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです