メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

五輪工事、過酷な残業 人材不足、工期あと2年

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の建設を巡り、現場監督の男性(23)が月200時間近い残業の末、自殺した。人材不足の中で今後、五輪関連施設の建設ラッシュを迎える現場からは「労働環境を改善すべきだということはわかっているが、できる状況にない」との声が漏れる。政府が進める働き方改革では建設業を残業時間規制の例外にしており、その是非が問われる。

この記事は有料記事です。

残り2125文字(全文2318文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 皇室 愛子さま、短期留学で英国へ 8月9日に帰国
  5. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]