メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

(上)陸上の世界選手権を開催中のロンドン競技場。観客席とグラウンドの間にトラックがある=小林悠太撮影(下)サッカー仕様のロンドン競技場。陸上仕様から一部の観客席がグラウンド近くまで動いてトラックが隠れる=ロンドンレガシー開発公社提供

 陸上の世界選手権(8月4~13日)が開催されたロンドン競技場は、2012年ロンドン五輪の主会場だった。大会後はサッカーと陸上を併用している。2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場も後利用の方法を模索しているが、ロンドン五輪公園を管理するレガシー(遺産)開発公社は「我々の目的は地域の活性化だった。何を取るかで妥協は必要となる」と説明した。

 世界選手権は連日、満員のスタンドが沸き上がった。閉幕後は、サッカーのイングランド・プレミアリーグの…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文993文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです