メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロンドン五輪競技場

多目的化、地域にぎわう

(上)陸上の世界選手権を開催中のロンドン競技場。観客席とグラウンドの間にトラックがある=小林悠太撮影(下)サッカー仕様のロンドン競技場。陸上仕様から一部の観客席がグラウンド近くまで動いてトラックが隠れる=ロンドンレガシー開発公社提供

 陸上の世界選手権(8月4~13日)が開催されたロンドン競技場は、2012年ロンドン五輪の主会場だった。大会後はサッカーと陸上を併用している。2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場も後利用の方法を模索しているが、ロンドン五輪公園を管理するレガシー(遺産)開発公社は「我々の目的は地域の活性化だった。何を取るかで妥協は必要となる」と説明した。

 世界選手権は連日、満員のスタンドが沸き上がった。閉幕後は、サッカーのイングランド・プレミアリーグの…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文993文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです