メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

(上)陸上の世界選手権を開催中のロンドン競技場。観客席とグラウンドの間にトラックがある=小林悠太撮影(下)サッカー仕様のロンドン競技場。陸上仕様から一部の観客席がグラウンド近くまで動いてトラックが隠れる=ロンドンレガシー開発公社提供

 陸上の世界選手権(8月4~13日)が開催されたロンドン競技場は、2012年ロンドン五輪の主会場だった。大会後はサッカーと陸上を併用している。2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場も後利用の方法を模索しているが、ロンドン五輪公園を管理するレガシー(遺産)開発公社は「我々の目的は地域の活性化だった。何を取るかで妥協は必要となる」と説明した。

 世界選手権は連日、満員のスタンドが沸き上がった。閉幕後は、サッカーのイングランド・プレミアリーグの…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文993文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]