メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

父と目指す平昌 スピードスケート・村上右磨選手

太陽光発電所の点検を行う村上右磨選手(右)と父親の忠則さん。冬の作業では、かんじきをはき、山の斜面を歩くこともある。ナショナルチーム入り後は、一緒に仕事することは激減した=北海道音更(おとふけ)町で2017年7月20日、宮間俊樹撮影

村上右磨(ゆうま)選手

 「どうやったら速くなれるのか。自分で考える習慣が身についたのは、お父さんの指導があったからこそ」

 開幕まで半年を切った平昌冬季五輪に向け、スケートの盛んな北海道帯広市で奮闘を続ける親子がいる。今春、後援会も結成され応援の輪が広がっている。

 スピードスケート男子500メートルの村上右磨(ゆうま)選手(24)。昨シーズン、34秒台を記録した日本選手5人で唯一、ワールドカップ(W杯)の表彰台に上がった。非エリートだった異色の存在が五輪代表の有力候補に躍り出た。

 トップ選手の多くが企業に所属するなど競技に専念する中、所属は父の忠則さん(57)が経営する「村上電…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです