メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/1 スキー・エアリアル 第一人者、田原 「栄光の懸け橋」次は俺

子どもたちへ道作る

 フリースタイルスキー・エアリアルのナショナルチームがカナダ合宿に入った8月中旬、長く日本のエースに君臨する男子の田原直哉(ミルキーウェイ)はまだ、拠点とする長野県白馬村にいた。「仕事の都合で10日ほど遅れて合流する。僕も生きていかないといけないので」

 日本のトップ選手でも、取り巻く環境は極めて厳しい。白馬の民宿に居候し、宿の仕事を手伝いながら練習に励む生活を5年ほど続けたが、平昌五輪を控えた今年は「勝負の年」と春先に民宿を出て、友人所有の物件を無料で借りた。アルバイトなどで細々と生活費を稼いでいる。遠征費は全日本スキー連盟からの強化費だけでは足らず、インターネットなどで寄付を募ってなんとか賄っている。

 現在36歳。貯金はすでに使い果たした。「競技後の生活は正直言って心配。本当に厳しい時は財布に100…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです