メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/3 バイアスロン 外国人トップ迎え変革

プルッカー強化委員長(右端)の下、練習に励むバイアスロンの選手たち=日本バイアスロン連盟提供

 物静かな選手が多いバイアスロンの練習場に、陽気で大きな声が響く。「ファンタスティック」「グーッ」--。声の主は、イタリア出身で日本バイアスロン連盟の強化委員長を務めるウバルド・プルッカー氏(71)だ。1998年長野五輪を最後に入賞がなく、長く低迷する日本のバイアスロン界は前回ソチ五輪後、強化のトップに初めて外国人を据え、変革に踏み切った。

 射撃とノルディックスキー距離を組み合わせたバイアスロンは銃を扱う特殊性があり、五輪を狙うトップ選手…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文921文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  5. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]