メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/4 ショートトラック ソチ代表・伊藤亜由子 集大成かけ復帰志願

平昌五輪を目指して代表選考の大会に挑む伊藤(右)=宮間俊樹撮影

 今月3日まで長野県南牧村で行われたスピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権。平昌五輪代表争いの第一歩となる大会で、2010年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪女子代表の伊藤亜由子(トヨタ自動車)は500メートルこそ3位に入ったが、1000メートルは準々決勝で転倒するなど振るわなかった。それでも平昌を目指し「スケート人生の集大成。最後という気持ちで挑む」と意欲に満ちている。

 ソチ五輪後に一度は現役引退した。当時はメダルを目指して滑ることが義務的に感じられた。ソチでは個人種…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文930文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]