メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/4 ショートトラック ソチ代表・伊藤亜由子 集大成かけ復帰志願

平昌五輪を目指して代表選考の大会に挑む伊藤(右)=宮間俊樹撮影

 今月3日まで長野県南牧村で行われたスピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権。平昌五輪代表争いの第一歩となる大会で、2010年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪女子代表の伊藤亜由子(トヨタ自動車)は500メートルこそ3位に入ったが、1000メートルは準々決勝で転倒するなど振るわなかった。それでも平昌を目指し「スケート人生の集大成。最後という気持ちで挑む」と意欲に満ちている。

 ソチ五輪後に一度は現役引退した。当時はメダルを目指して滑ることが義務的に感じられた。ソチでは個人種…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  3. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです