メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/4 ショートトラック ソチ代表・伊藤亜由子 集大成かけ復帰志願

平昌五輪を目指して代表選考の大会に挑む伊藤(右)=宮間俊樹撮影

 今月3日まで長野県南牧村で行われたスピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権。平昌五輪代表争いの第一歩となる大会で、2010年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪女子代表の伊藤亜由子(トヨタ自動車)は500メートルこそ3位に入ったが、1000メートルは準々決勝で転倒するなど振るわなかった。それでも平昌を目指し「スケート人生の集大成。最後という気持ちで挑む」と意欲に満ちている。

 ソチ五輪後に一度は現役引退した。当時はメダルを目指して滑ることが義務的に感じられた。ソチでは個人種…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文930文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです