メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光を求めて

平昌五輪で飛躍を/5止 ボブスレー女子2人乗り・押切麻李亜 名伯楽の指導を吸収

ボブスレーの日本代表候補の合宿で、加速したそりに乗り込む押切(右)

 かつて政府の事業仕分けで補助金支出を疑問視されるなど、冬季競技でもとりわけ「マイナー」と名指しされてきたボブスレー。平昌五輪を前に、世界と渡り合う人材がようやく現れた。2月の世界選手権女子2人乗りで7位に入ったペアのパイロット(操縦役)、押切麻李亜(まりあ、22)=ぷらう=だ。

 2014年ソチ五輪スピードスケート代表の美沙紀(24)を姉に持つ。飛躍のきっかけは12年に始まった冬季ユース五輪だった。ボブスレーは18歳以上でなければ大会に出られなかったが、ユース五輪での採用を機に緩和された。同じ北海道出身で五輪2大会代表の桧野真奈美さんに誘われ陸上短距離から転向した押切は、帯広南商高2年だった17歳で第1回ユース五輪の代表に。陸上で伸び悩んでいたこともあり「違う競技をやるのもいいかな」と吹っ切れた。

 パイロットは徐々に加速するそりをハンドルで操作する技術が問われる。危険も伴うため、場数を踏むことが…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文935文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです