メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスコット本格審査開始 1753件を選考

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、大会マスコットの本格的な審査を始めた。応募2042件のうち条件を満たした1753件のデザインを選考し、14日までの2日間で100件程度に絞る。

     専門知識を持った若い世代の感性を生かそうと、玩具、漫画、ゲーム会社などの若手社員10人がモニターに映し出される応募作を10秒程度で審査。当初の作品が白紙撤回になった大会エンブレムの選考を踏まえ、透明性を高めるため、この日は審査の一部が動画投稿サイト「ユーチューブ」などで中継された。

     今後、有識者による審査で最終的に3、4案に絞って公表。12月~来年1月に希望する全国の小学校各クラスに1票を与える投票で決定する。【松本晃】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    2. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    3. トランプ氏 「国連で演説、恥ずかしい」…NYで抗議デモ
    4. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
    5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]