メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鈴木・スポーツ庁長官

任期3年更新で所信 「健康を増進」

 今月1日付で任期を3年更新したスポーツ庁の鈴木大地長官は2日、就任3年目への所信を述べ、「スポーツ政策の本丸は国民の健康。2020年以降の遺産になる」とスポーツを通じた健康増進の必要性を強調した。

 健康増進に向けた第1弾として、スニーカー通勤を奨励する新事業「ファン・プラス・ウオーク・プロジェクト…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです