メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラアイスホッケー 平昌切符、最後の戦い 平均年齢41歳、厳しい練習環境乗り越え

練習でパックを奪い合うパラアイスホッケー日本代表の選手たち

 パラアイスホッケーの日本代表が今月、来年3月の平昌パラリンピック出場を懸けた最終予選(スウェーデン・エステルスンド、9~14日)に臨む。日本はパラリンピックの2010年バンクーバー大会で銀メダルを獲得したが、14年ソチ大会は出場を逃し雪辱を期す。代表メンバー17人の平均年齢は41歳と他の強豪国に比べて高齢化が進み、厳しい練習環境にもさらされながら強化を進め、2大会ぶりの大舞台への切符をつかもうとしている。【谷口拓未】

この記事は有料記事です。

残り1688文字(全文1899文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです