メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍J

アジアCSに山岡、京田ら 稲葉監督「五輪見据え」

 野球日本代表「侍ジャパン」トップチームの稲葉篤紀監督は12日、日本と韓国、台湾の若手プロ選手による国際大会「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16~19日、東京ドーム)の日本代表選手25人を発表した。

     大会出場資格の「24歳以下(1993年1月1日以降生まれ)またはプロ入団3年目以内」から22人、3人以内の選出が可能な「オーバーエージ枠」には投手の又吉(中日)、捕手の甲斐(ソフトバンク)、内野手の山川(西武)を選んだ。プロ1年目選手は投手で山岡(オリックス)、平井(西武)、堀(日本ハム)の3人、内野手で京田(中日)、源田(西武)の計5選手。ヤクルトを除く11球団から選出され、最多は西武からの5人だった。また、打撃コーチは金子誠ヘッドコーチが兼務することも発表された。

     国際大会での初采配になる稲葉監督は「招集したい選手が数多い中でコーチ陣と情報を共有しながら選んだ。3年後の東京五輪を見据えてアジアの中で自分のレベルを知り、現在持っている実力を国際大会で発揮してほしい。開催国として負けるわけにはいかない」と話した。【熊田明裕、細谷拓海】

    日本代表選手25人

     【投手】山岡泰輔(オリックス)、※又吉克樹(中日)、多和田真三郎(西武)、山崎康晃(DeNA)、近藤大亮(オリックス)、今永昇太(DeNA)、薮田和樹(広島)、平井克典(西武)、石崎剛(阪神)、堀瑞輝(日本ハム)、田口麗斗(巨人)

     【捕手】近藤健介(日本ハム)、田村龍弘(ロッテ)、宇佐見真吾(巨人)、※甲斐拓也(ソフトバンク)

     【内野手】京田陽太(中日)、源田壮亮(西武)、外崎修汰(西武)、中村奨吾(ロッテ)、西川龍馬(広島)、松本剛(日本ハム)、※山川穂高(西武)

     【外野手】オコエ瑠偉(楽天)、桑原将志(DeNA)、上林誠知(ソフトバンク)

    ※はオーバーエージ枠

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長崎県警 巡査4日間失踪 スマホ課金で悩み「親が怒る」
    2. BPO ニュース女子に「重大な放送倫理違反」意見書
    3. 調停 俳優の船越さんと松居さんが離婚
    4. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
    5. 特集ワイド 止まらぬ政治家の放言・暴言を考える 低くなった「差別のハードル」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]