メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

IOC加盟206カ国・地域の旗掲示 国際理解の第一歩に 世界の国旗研究協会・吹浦忠正理事長に聞く

国旗への思いを語る吹浦さん

 東京2020オリンピック競技大会オフィシャル新聞パートナーの毎日新聞社は、10月28日の大会開幕1000日前の記念日に合わせ、国際オリンピック委員会(IOC)加盟206カ国・地域の旗で、本社があるパレスサイドビル(東京都千代田区一ツ橋)を装飾する。国旗と五輪について、今回の旗の監修をするNPO法人・世界の国旗研究協会理事長の吹浦忠正さん(76)に話を聞いた。【聞き手・山口一朗】

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文836文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです