メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 招致巡る票の買収 疑惑、正面から向き合え=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 国際オリンピック委員会(IOC)は2020年東京五輪・パラリンピック、そして自らの将来のためにもインテグリティー(高潔性)に対する疑念は拭い去らなければならない。五輪招致を巡る票の買収疑惑のことだ。

 昨年5月に東京五輪招致を巡る疑惑が浮上。今月にはリオデジャネイロ五輪の大会組織委員会長を務めたカルロス・ヌズマン氏が逮捕されたことで、もはや見過ごせなくなった。招致から開催までリオ五輪の全てに携わったヌズマン氏は、16年五輪の開催都市を決めた09年のIOC総会の前に、投票の買収交渉の仲介役を務めた疑いがある。

 この時、リオに敗れた東京は次の13年のIOC総会で招致を勝ち取った。問題は、東京もリオと同様のいか…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1213文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. KYB 免震装置986件で不正 検査データ改ざん

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです