メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 招致巡る票の買収 疑惑、正面から向き合え=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 国際オリンピック委員会(IOC)は2020年東京五輪・パラリンピック、そして自らの将来のためにもインテグリティー(高潔性)に対する疑念は拭い去らなければならない。五輪招致を巡る票の買収疑惑のことだ。

 昨年5月に東京五輪招致を巡る疑惑が浮上。今月にはリオデジャネイロ五輪の大会組織委員会長を務めたカルロス・ヌズマン氏が逮捕されたことで、もはや見過ごせなくなった。招致から開催までリオ五輪の全てに携わったヌズマン氏は、16年五輪の開催都市を決めた09年のIOC総会の前に、投票の買収交渉の仲介役を務めた疑いがある。

 この時、リオに敗れた東京は次の13年のIOC総会で招致を勝ち取った。問題は、東京もリオと同様のいか…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1213文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 都市対抗野球 神戸・高砂が42年ぶり4強 鷺宮を完封
  4. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]