メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火トーチ、求む作り手 ニッポンの技術、期待

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーで用いられるトーチの製造委託業者の公募が今月から始まった。トーチはデザインなど芸術的な要素に加えて、どんな天候でも燃え続ける技術的な要件も求められる。大会組織委員会の布村幸彦副事務総長は「日本のものづくりの粋を集めたものになることを期待している」と多くの参加を呼び掛ける。【田原和宏】

 聖火リレーは1936年ベルリン五輪から始まった。64年東京五輪は戦後の日本を代表する工業デザイナー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  2. 大津園児死傷事故 逮捕当日釈放の62歳女性書類送検
  3. 遺体 海上に乳児 母親か、近くに女性遺体も 青森 /青森
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです