メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment’17秋

東京五輪まで1000日/4 選手拠点、支援鈍く

東京都世田谷区と米国オリンピック委員会が締結した事前合宿地の契約。開幕まで1000日となり、各国・地域の準備は活発化している

 2020年東京五輪に向け、日本オリンピック委員会(JOC)は金メダル数で世界3位(20~33個)の目標を掲げる。昨年のリオデジャネイロ五輪の12個から大幅な上積みだ。開催国の強みを見越した皮算用だが、ライバル国と比べ、支援体制を整える動きは出遅れている。関係者からは「選手強化のマイナスになりかねない」と懸念の声も上がる。

 スポーツ医科学が進化した最近の五輪で、強豪国は選手村の外に練習、食事、疲労回復の手厚い支援を目的と…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1067文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 森友交渉記録 「1年間、国民だました」政府対応を非難
  5. 食中毒か 観劇中の中学生ら16人搬送 福岡の商業施設

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]