メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手連盟

組手、3階級案まとまる 東京五輪向け提案

 世界空手連盟(WKF)の奈蔵稔久事務総長は7日、東京都内で記者会見して、2020年東京五輪で実施される組手の男女各3階級の案を明らかにした。現行の各5階級のうち、男子は75キロ級、女子は61キロ級のみを残し、男女とも軽量級の2階級は重い方の階級に統一。残りは体重制限のない重量級とした。来年2月にも国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で承認を受け、最終決定する。

 具体的には男子は現行の60キロ、67キロ、75キロ、84キロ、84キロ超級を67キロ、75キロ、7…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです