メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立

運営権一括売却も検討 代々木・秩父宮セットに

運営権の一括売却が検討される3施設

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の大会後の利用について、政府が国立代々木競技場などと一括で運営権の売却を検討していることが13日、分かった。新国立は大会後、国が所有権を持ったまま民間に運営権を売却する「コンセッション方式」が有力だが、年間24億円の維持管理費が課題。収益力の高い代々木とセットにして、民間業者を参入しやすくするのが狙いだ。

 新国立の後利用は15年12月に設置されたスポーツ庁のワーキングチーム(WT、座長=水落敏栄副文部科…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文714文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです