メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場

旧聖火台、東側入り口に 19年以降に帰還

宮城県石巻市に貸与されている旧国立競技場の聖火台。火を灯す室伏広治さん=宮城県石巻市で2015年6月27日、佐々木順一撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の建設で、撤去された旧国立競技場の聖火台について、日本スポーツ振興センター(JSC)は14日、新競技場の東側入り口の正面に設置することを明らかにした。

 東側入り口はJR信濃町駅方面にある。入り口の壁面には、旧競技場のメインスタンドに飾られ…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  3. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  4. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]