メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

「五輪を語ろう」 平昌 IOC来月判断 露の参加可否、混乱呼ぶ=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

 <AROUND THE RINGS>

 国際オリンピック委員会(IOC)とロシアは再び衝突不可避な道をたどろうとしている。IOCは来月5日の理事会で、来年の平昌五輪へのロシア選手団の参加の可否について判断する。

 その衝突はロシアに対する疑念を深め、現実の姿を突き付けるだろう。ロシアの組織的なドーピングが明るみに出た2014年以降、スキャンダルは広がるばかりだ。昨夏のリオデジャネイロ五輪でIOCはロシアの処分を検討することでクリーンな立場を守りつつ、ロシア選手の参加の可否については各国際競技団体(IF)の判断に任せた。28の五輪競技で陸上と重量挙げがIFとして全てのロシア選手の出場を禁じた。さらに国際パラリンピック委員会(IPC)は大会からロシア選手を締め出し、IOCとは異なる立場を示した。

 平昌五輪に向け、ロシアは世界反ドーピング機関(WADA)が指摘する国ぐるみの関与などについては否定…

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1173文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです