メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2017秋/上(その1) 五輪経験者と夢へ飛躍

井村さん(左)の指導を受ける前川選手=三重県四日市市で、兵藤公治撮影

 11月初旬。三重県四日市市の陸上競技場では、陸上女子走り幅跳びの2008年北京五輪代表で日本記録保持者の井村(旧姓池田)久美子さん(36)が一人の女子選手を指導していた。右脚に義足を装着する彼女は、前川楓(まえがわかえで)選手(19)。7月のパラ陸上世界選手権女子走り幅跳び(切断などT42)で銀メダルを獲得した有望選手だ。

 五輪経験者がパラリンピック選手を本格指導する光景は国内では珍しい。「イケクミ」の愛称で親しまれた元…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです