メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2017秋/中 正規雇用、高まる機運

東邦銀行本店に勤務する佐々木真菜選手=福島市で、和田大典撮影

 「判子が真っすぐ押せるようになりました」。10月下旬、視覚障害者陸上の女子100メートル(T13)で12秒95の日本記録を持つ佐藤智美(ともみ)選手(27)は、勤務先の東邦銀行本店(福島市)で少し誇らしげに語った。生まれつき右目の視力はなく、左目の視野も極端に狭く、入行前は障害の影響で判子を縦に真っすぐ押すのが難しかった。

 福島県二本松市出身の佐藤選手は同県立盲学校を卒業後、2008年から福島市内のNPO法人で働いていた…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです