メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアのドーピング問題

クリーンな選手、五輪に 女子棒高跳び世界記録保持者 エレーナ・イシンバエワさん(35)

エレーナ・イシンバエさん=ロシア・ボルゴグラードで2017年11月29日、丹下友紀子撮影

平昌で「排除」懸念

 陸上女子棒高跳びの世界記録保持者で2004年アテネ五輪、08年北京五輪金メダリストのエレーナ・イシンバエワさん(35)=ロシア=が11月29日、毎日新聞のインタビューに応じた。世界反ドーピング機関(WADA)により国ぐるみのドーピング違反が認定されたロシアに対しては、5日からスイスで行われる国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で平昌冬季五輪(来年2月)への参加可否について判断が下る。イシンバエワさんは改めて国ぐるみの違反を否定し「ロシアの旗の下で、ドーピングに関係のない選手が出場することを信じている」と語った。【ボルゴグラード(ロシア)で丹下友紀子】

 --昨年のリオデジャネイロ五輪ではロシア選手の出場可否の判断が各国際競技団体に委ねられ、国際陸上競…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1373文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです