メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

組織委

IOCに被災地食材、夕食会でPR 復興五輪支援

被災3県から提供が想定される主な特産品

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が復興庁の協力で、12日に予定される国際オリンピック委員会(IOC)との夕食会で東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県の特産品を振る舞う。海外からの訪問客は原発事故への懸念が強いと言われるが、まずは接する機会の多いIOCに福島県産品の安全性や東北の豊かな食材の魅力を伝えるのが狙い。福島県は「多くの人々に味わってもらい、被災地の状況を理解してもらえれば」と期待している。【田原和宏、村上正】

 組織委とIOCは11日からの3日間、東京都内で大会の準備状況を確認する調整委員会を開く。夕食会はI…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文819文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです