メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアのドーピング問題

露、平昌五輪の個人参加を容認 大統領表明

 【ローザンヌ(スイス)共同】ロシアのプーチン大統領は6日、国際オリンピック委員会(IOC)が同国の組織的なドーピングを認定して来年2月の平昌冬季五輪から選手団の除外を決めた処分に、同五輪をボイコットしない意向を示した。国旗や国歌を使用できない個人資格での参加を「政権が邪魔することはない」と容認する…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]