メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

マスコット最終候補3案 小学生投票で決定

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、東京都渋谷区の区立加計塚(かけづか)小学校で、大会マスコットの最終候補3作品の発表会を開いた。大会で初めて全国の小学校のクラスごとに1票を与える投票で決定することになり、最多得票の作品が選ばれる。日本は過去3度、五輪を開催したが、マスコットが採用されたのは1998年長野冬季五輪だけで、夏季五輪では初めてとなる。投票は11日から来年2月22日まで行われる。採用作品は来年2月28日に発表され、名前は来夏に決まる。

 発表会には同小学校の4、5年の児童約110人が参加。最終候補に残った「ア」「イ」「ウ」の五輪・パラ…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1090文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  3. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
  5. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]