メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

マスコット最終候補3案 小学生投票で決定

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、東京都渋谷区の区立加計塚(かけづか)小学校で、大会マスコットの最終候補3作品の発表会を開いた。大会で初めて全国の小学校のクラスごとに1票を与える投票で決定することになり、最多得票の作品が選ばれる。日本は過去3度、五輪を開催したが、マスコットが採用されたのは1998年長野冬季五輪だけで、夏季五輪では初めてとなる。投票は11日から来年2月22日まで行われる。採用作品は来年2月28日に発表され、名前は来夏に決まる。

 発表会には同小学校の4、5年の児童約110人が参加。最終候補に残った「ア」「イ」「ウ」の五輪・パラ…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1090文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 マスコミの政治報道 迫り来る?うっすらとした恐怖
  3. 世界一大きい金魚すくい 何匹すくえる? 藤沢であす /神奈川
  4. 日本酒 SAKE人気、急上昇 輸出、8年連続最高
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]