メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

小学生「どれがいいかな」 マスコット、透明性確保へ投票権

小学生らの手で除幕される東京五輪・パラリンピックのマスコット最終候補となった3作品=東京都渋谷区で2017年12月7日午前10時44分、渡部直樹撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの最終候補3作品が7日、東京都渋谷区の区立加計塚(かけづか)小学校でお披露目された。子どもたちの大会への関心を高めるために全国の小学校のクラス単位で投票を行い、最多得票を採用作品として選ぶ。約110人の児童は発表会で初めて見た3作品を「どれがいいかな」と友達同士で話しながら、投票を心待ちにしていた。【小林悠太、松本晃】

 発表会では、4、5年生の児童たちが早速、「ガッツポーズが力強くて好き」「笑顔で心も温かそう」「個性…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文757文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 児童虐待 目黒5歳児死亡 親権に「懲戒権」は不要だ 「子どもは親の所有物ではない」
  5. はやぶさ2 リュウグウに130mの大岩 小惑星本格観測

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]