メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年平昌冬季五輪

アイスホッケー女子代表発表 「必ずメダル獲得」

記者会見する女子アイスホッケー日本代表の山中武司監督(中央)と選手ら=東京都港区で2017年12月6日午後3時29分、根岸基弘撮影

 日本アイスホッケー連盟は6日、来年2月の平昌五輪の女子日本代表の23人を発表した。東京都内で記者会見した山中武司監督は、「日本女子のベストチームと自信を持っている。必ずメダル獲得を成し遂げたい」と抱負を述べた。日本代表は7日からフィンランド遠征に出発し、世界ランキング3位の同国など4カ国と強化試合を行う。

 主将は、2014年ソチ五輪から2大会連続で代表入りとなった25歳のFW大沢ちほ(道路建設ペリグリン…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです