メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラ

マスコット最終候補、3作品発表

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、東京都渋谷区の区立加計塚(かけづか)小学校で、大会マスコットの最終候補3作品の発表会を開いた。大会で初めて全国の小学校のクラスごとに1票を与える投票で決定することになり、最多得票の作品が選ばれる。日本は過去3度、五輪を開催したが、マスコットが採用されたのは1998年長野冬季五輪だけで、夏季五輪では初めてとなる。投票は11日から来年2月22日まで行われる。採用作品は来年2月28日に発表され、名前は来夏に決まる。

 発表会には同小学校の4、5年の児童約110人が参加。最終候補に残った「ア」「イ」「ウ」の五輪・パラ…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  3. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです