メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

個人参加容認 露大統領が選手出場妨害せず明言

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン大統領は6日、来年2月の平昌冬季五輪に向け、国際オリンピック委員会(IOC)が認めた個人資格の参加について「我々の選手が希望するのであれば、妨げるようなことは絶対にしない」と述べ、容認する考えを示した。プーチン氏がIOCの処分に反発した一部のボイコット論を封じたことでロシア・オリンピック委員会(ROC)は12日に参加を正式に決定する見通しだ。

 IOCは5日の理事会で、ドーピング違反によりロシアを選手団としての参加は除外して、個人資格の出場を…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1036文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです