メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本空手道選手権

きょう開幕 速さ・力強さ際立つ 無差別級対決も魅力

 第45回全日本空手道選手権大会(全日本空手道連盟主催)が9日に東京武道館、10日に日本武道館で開かれる。9日は都道府県対抗の男女の組手団体、10日は男女の組手と形の個人戦が行われ、全日本王者を懸けて熱戦が繰り広げられる。組手はどちらが先に突きや蹴りを決めるかの一瞬の攻防、形は力強くスピーディーな演武が見どころだ。2020年東京五輪の追加競技に採用された空手の国内最高峰の大会となる全日本選手権を展望する。【松本晃】

 男子形は世界選手権2連覇中の喜友名(きゆな)諒(劉衛流龍鳳会)の優位は揺るがない。4年連続で決勝で…

この記事は有料記事です。

残り1872文字(全文2131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです