メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の冬

平昌五輪に懸ける/1 衰え知らず、上位狙う スキー距離・石田正子(37)=JR北海道

37歳となった今季も世界のトップ層に迫る滑りを見せ、4度目の五輪に向けて意欲を燃やす石田=宮間俊樹撮影

 フィンランドのルカで11月下旬にあったノルディックスキーのワールドカップ(W杯)。距離女子10キロクラシカルで16位に入った石田は「体は動いていた」とうなずいた。12月初旬、ノルウェー・リレハンメルでの距離複合15キロは14位。ともに10位まで10秒以内と、37歳の今もトップ10を狙える位置にいる。

 より良い競技環境を求め、2011年からフランス、15年からノルウェーに渡った。W杯や五輪は最長の種…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです