メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

新競技・スノーボード 新たな一歩、成果着実 メダル期待の選手続々

全国障がい者スノーボード選手権で義足を見せながら滑る小栗大地=長野県小谷村で今年2月、谷口拓未撮影

 来年3月の平昌パラリンピックで新競技として障害者スノーボードが実施される。2014年のソチ大会ではアルペンスキーの一種目としてスノーボードクロスが採用されたが日本勢の出場はなく、今回が新たな一歩となる。十分なノウハウがない中で性急な選手の育成・強化を余儀なくされているが、有望選手も順調に育ち、メダル獲得も期待できる。【谷口拓未】

 走りながら、考える。平昌大会に対応すべく立ち上がって間もない日本障害者スキー連盟スノーボード委員会…

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1685文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]