メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の冬

平昌五輪に懸ける/4 ソチの雪辱、結果出す アイスホッケー女子・久保英恵(35)=西武

アイスホッケー女子日本代表の攻撃の要を担うFW久保(右)=手塚耕一郎撮影

 前回のソチ五輪に続く代表入り。アイスホッケー女子のFW久保英恵は「結果にこだわっていく」と言い切る。1998年長野五輪を含め3回目の出場で五輪初勝利を目指す日本代表「スマイルジャパン」の攻撃の要は、10日で35歳になった。2月の五輪最終予選3試合で5得点を挙げた勝負強さは健在だ。

 五輪の1次リーグで日本は世界ランキング下位のチームが入るB組で戦う。しかし世界9位の日本に対してスウェーデンは5位、スイスは6位で、格下は22位の韓国だけ。この中で2位までに入らなければ上位チームとぶつかる決勝トーナメントに進めない。「少ない好機を確実に決める技術を上げれ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文697文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです