メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の冬

平昌五輪に懸ける/4 ソチの雪辱、結果出す アイスホッケー女子・久保英恵(35)=西武

アイスホッケー女子日本代表の攻撃の要を担うFW久保(右)=手塚耕一郎撮影

 前回のソチ五輪に続く代表入り。アイスホッケー女子のFW久保英恵は「結果にこだわっていく」と言い切る。1998年長野五輪を含め3回目の出場で五輪初勝利を目指す日本代表「スマイルジャパン」の攻撃の要は、10日で35歳になった。2月の五輪最終予選3試合で5得点を挙げた勝負強さは健在だ。

 五輪の1次リーグで日本は世界ランキング下位のチームが入るB組で戦う。しかし世界9位の日本に対してスウェーデンは5位、スイスは6位で、格下は22位の韓国だけ。この中で2位までに入らなければ上位チームとぶつかる決勝トーナメントに進めない。「少ない好機を確実に決める技術を上げれ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文697文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]