メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の冬

平昌五輪に懸ける/5止 けが克服、再び世界へ フィギュアスケート・宮原知子(19)=関大

フィギュアスケートのGPファイナルで観客の声援に応える宮原=手塚耕一郎撮影

宮原知子(さとこ)

 11月のグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯。昨年12月の全日本選手権以来の実戦は思ったほど緊張せず、心は落ち着いていた。名前をコールされるとたくさんの声援を浴びた。「こういう舞台に戻らないといけないという気持ちと、また出られてうれしいという気持ちがわいてきた」。演技内容こそ「ミス・パーフェクト」と言われてきた姿からは遠く、結果は5位。それでも表情は明るかった。

 思わぬ事態が襲ったのは1月。左股関節の疲労骨折が判明した。その後の4大陸選手権、冬季アジア大会、世…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです