メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 リオ五輪男子50キロ競歩銅メダル 荒井広宙(29)

対談の途中で鈴木大地長官(左)に競歩のフォームを教える荒井広宙=西本勝撮影

日々を重ね優勝狙う リオデジャネイロ五輪男子50キロ競歩銅メダル 荒井広宙(29)

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートと語り合う「長官と語る 2020への決意」の4回目は、2016年リオデジャネイロ五輪の陸上の男子50キロ競歩で銅メダルを獲得した荒井広宙(29)=自衛隊=を迎えた。17年世界選手権ロンドン大会で銀メダルを手にして、3年後の金メダルを目指すウオーカーが、競歩の認知度が低かった頃の苦労や、日本競歩界が世界レベルに成長してきた要因などを長官と語り合った。【構成・小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2366文字(全文2618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです