メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊五輪

「五輪を語ろう」 愛される存在なるか 東京五輪マスコット=アラウンド・ザ・リングス編集長 エド・フーラ

バルセロナ五輪マスコットのコビー

 <AROUND THE RINGS>

 日本人の想像力は、世界の人々を楽しませる架空の生き物を作り出してきた。怪獣映画となったゴジラやラドンがそうだ。ハローキティはかわいらしく、テレビゲームに登場するマリオやソニックは日々の暮らしの楽しみになっている。どれも忘れがたい。

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの最終候補の3作品が選ばれた。応募2042作品から100件程度に絞り込み、デザイナーら専門家による審査会が最終候補作品を選んだ。選ばれた作品を見ると、専門家には申し訳ないが記憶に残らない。作品は人間のようで、動物のようで、ロボットのようでもある。何もかも混ぜ合わせたようだ。大会エンブレムと同じ市松模様をあしらった作品を除けば、東京大会との関連性を想像するのが難しい。

 これまで四半世紀にわたって五輪のマスコットを見てきた。忘れ去られた作品も少なくない。組織委が公募し…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文1020文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです