メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

平昌五輪代表選考会 小田V、初五輪へ 男子1500

女子1500メートルで2位になった小平=佐々木順一撮影

 スピードスケートの平昌五輪代表選考会第3日は29日、長野市のエムウェーブで男女の1500メートル(ともに代表枠3)が行われ、男子は小田卓朗(開発計画研究所)が1分45秒91の国内最高(日本選手の国内リンクでの最高)記録で優勝し、初の五輪出場を確実にした。団体追い抜きの主力メンバーのウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が1分46秒97で2位、中村奨太(ロジネットジャパン)が3位に入った。

 女子はすでに代表入りが決まっている高木美帆(日体大助手)が、自身の持つ国内最高記録を更新する1分5…

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2138文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです