メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スピードスケート

平昌五輪代表決定 チーム日本、最速布陣

平昌五輪代表に選ばれて笑顔を見せる(左から)高木菜、高木美、小平=佐々木順一撮影

 スピードスケートの平昌五輪代表選考会最終日は30日、長野市のエムウェーブで行われ、女子5000メートル(代表枠2)は押切美沙紀(富士急)が7分10秒68で1位。出場枠を確保していない男子1万メートルは土屋良輔(メモリード)が1位だった。

 日本スケート連盟は同日、五輪代表16人(男子8人、女子8人)を発表した。女子は3大会連続出場となる小平奈緒(相沢病院)が500メートル、1000メートル、1500メートルの3種目で選ばれた。

 2大会ぶりの出場となる高木美帆(日体大助手)は1000メートル、1500メートル、3000メートル…

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2050文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです