メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌へ

道産子たちの挑戦/3 カーリング・藤沢五月選手(26) 初のメダルへ着々と /北海道

初のメダル獲得を目指すLS北見の藤沢五月=北見市常呂町で

古巣への敗北バネに成長

 平昌冬季五輪に出場する海外のチームも参加した昨年12月の軽井沢国際カーリング選手権で、LS北見の司令塔「スキップ」としてチームを優勝へと導いた。「氷の上で自信を持って力を発揮すれば戦えることを忘れず、オリンピックに向かいたい」。前哨戦とも言える大会を制し、カーリングで初となるメダル獲得に力を込めた。

 カーリングの盛んな北見市出身で5歳のとき競技を始めた。ジュニア時代からスキップとしての技術に磨きを…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです